ヘアショップG-Oは大分No1 「縮毛矯正」「デジタルパーマ」「炭酸泉」エイジングケアサロンを目指してます。

髪」は再生能力はありません。一度傷んでしまうと

             自力では「回復」出来ないのです。

「髪」は「歯」と違って「再石灰化」などはしません。だから、「過度のパーマ」「過度のカラー」で一度傷んでしまうと、髪の中に空洞ができたり、不体制因子(パーマ液が効きにくい)が発生して、思うようになりません。さらに、ホームカラーやホームアイロンで「ダメージ」を蓄積させてしまうのです。まさしく「負のスパイラル」に落ち込んでしまうのです。G-Oではその原因を軽減させる処理をいたします。「油分」「水分」「擬似キューティクル」を貼付けます。もちろん1回で改善される方や、数回に亘り「油分」「水分」を足す施術が必要な方、人によって様々ですがG-Oが常に心がけている事は「いままでで一番良かった」といっていただけるよう全力を出し切って施術することです

「永遠の未完成」54歳なお走り続けるおやじ

クセ毛と「戦い」続け29年目を迎えたg-o。縮毛矯正では延べ人数で17,000人以上の 方を担当してまいりました。今も研究・開発中です。また、デジタルパーマも自らブログ公開することにより、多方面からアドバイスを頂き 飛躍的に進化させました。
2008年→現在に至る、インサイトさんの協力の下、縮毛矯正・デジパー の施術に必要な補修剤の開発に携わり…2018年10月に完成しました。(ピュアフレックスαβ)(実験サンプルです100本を超えました)全国セミナーで 同業者にも手の内ばらしてます。「100年経てば,おいらのことは誰もしらねぇ~教えて減るもんじゃねぇ !きれいな髪の女性が増えるだけ 」と息巻いてる男54歳。

お客様の思い+俺の思い+メーカーの願い

家をご利用になって25年らいのお客様へ感謝の言葉。「あのときのお客様の言葉でメニューの私がシフトチェンジが出来た。心から感謝致します。人のお役に立てることを実感できる縮毛矯正というメニューに特化するサロンに展開したこと。50歳を過ぎても衰えること無く技術を追求していけることができてうれしい」。

最初のご来店は23年前、「縮毛矯正」の走りの頃。このお客様は縮毛矯正の難易度で言えばAAAクラス最も難しいタイプです。(連珠+mix+細毛+乾燥)
カウンセリングで当店を選んだ理由をお聞きすると「母を安心させたい」お客様は「母がこんなくせ毛に産んだことを、心苦しく思っている。そんな母に 安心してもらいたい」。と初回からかなりハードルが高かった。

家に来るまでは他店を転々として。美容室ジプシー「切れ毛」「焦げ」などひどい状態。その時の仕上がは僕自身納得の行くものでなかったが、お客様にとって「過去最高」だったらしい。お客様は「これで母にもう安心して、私の髪をなんとかしてくれる人がみつかった」といえるわ…これが私が縮毛矯正にのめりこんだきっかけです。

その頃の業界は、同じような店が同じような客層を取り合うと。後発が有利、価格競争が勃発した頃でもあった。僕はひらめいた…みんなが避けて通る技術「縮毛矯正」なら地域1番になれると野望を沸かした。
そんなきっかけを作ってくれたんです。

そのお客様の髪をなんとかしたいと思い、一介の美容師が薬剤メーカーの電話しまくったのです。「おれの悩みを解決する縮毛矯正剤を作ってもらえないか?」と。メーカーは「OEMですか?依頼ですか」(*oemは自社ブランド製品)おれ:「いや、御社の開発のモニターになりたい。」メーカー:「間に合ってます」と当然のように数社断られた。
しかし、時代はSNS、ミクシーで縮毛矯正に関しては少しは流しれていた僕の話を聞いてくれる会社が見つかった「◯ルマン」という会社。丁度向こうも商品開発で悩んでいた時期=僕の悩み のかってくれたんです。当時では珍しい「システィアミンという還元剤」を覚えてないくらいのサンプルを試したようやく、納得の行く仕上がりにぐぅ~んと近づいたとき

メーカーに電話して制作統括の方へ「まっちゃん、俺達の出来ない言い訳潰してくれたね ありがとう」そう、いままでは「髪質のせい」「薬液のせい」にし他言い訳ばかり。それが嫌で「なんとかしろ」「加齢毛に安心して縮毛矯正あてれる液を作ってみろ」とそれで作る◯下さん最高の男です。
彼もまたコメントをくれた「商品が売れるより、とても嬉しい褒め言葉です」と
お客様の思いと私の思い+メーカーの思いが一つになった瞬間!!鳥肌がたった。

OEMの依頼でもない私の願いを形にしてくれた感謝の意を込めて全国講習をして回った 北海道、長野、石川、東京、埼玉、神奈川、名古屋、岐阜、大阪、奈良、広島、福岡、宮崎…と紹介して回って、業界を大きく変えた。
地方発信は当時はめずらしく関東では2日連続で100人くらい集まった。そこで「くせ毛の方のお悩みに真摯に取り組んでください。本気で頼む。この薬剤も本気だから…」。累積受講生は1000人近くになった。
当店のくせ毛のお客様との出会いが多くのお客様のお悩みの解決に役立ったこの旨も伝えました。
お客様は「私の髪でも役に立つのね」と笑顔をくださいました。
お客様と私の思いがメーカーまで動かしたのです。
今ではそのお客様も白髪染めを必要としてまたハードルが上がりました。まだまだ進化させていきます。


一、お客様はお店の情報を知る「権利」があり、お店は情報を発信する「義務」がある。

二、お客様は「技術」「接客」「料金」全てにおいて満足を求める. お店は常に料金以上の「技術」「接客」を提供する努力をするべし。

三、お客様は「大量生産」された.商品をお買い求めにくるのでない、生身の人間の熟練された「技」に価値を感じてサロンに足を運んでくれる。店は商品である人間を磨く事。

四、お客様が予約時間に遅れたとき、頭にくる態度を見せる店は「売上」をほしがってる。お客様を心配する店は「信頼」を手に入れる事が出来る。そんな店側の態度は全て知っています。

五、お客様にとって「いつも通り」はサロンの向上を求めてる。店側の「いつも通り」は「楽」をしてはいけない、前回よりステップアップしていなければならない。

六、新規のお客様にはお礼状を書くが、二回目以上のお客様にはお礼状を書くお店は少ない。お店は永いおつきあいをする為に、ご利用回数の多いお客様には数多くのコンタクト取る必要がある。

七、われわれの仕事を「楽しむ」ことはいままで出来なかった「技術」を提供できるようになったとき、お客様の「楽しむ」は無理だと思ってたスタイルを手に入れたとき、その「時間」をお客様と共有する事がサロンの財産です。

八、お店にとって本日二十人目の「ありがとうございます」でも、お客様にとってはいつも「新鮮に聞こえる」ように、心をこめていうべし。

九、お客様はあなたのキャリア以上にサロンを利用している方が多い、いわば「技術•接客される側のプロ」。出来ない時、言い訳をどんなに並べても繕ってもあなたの人間性は伝わってることを 肝に銘じろ。

十、私たちは自ら提供する「技術」「サービス」の報酬をお客様から頂き、日々生活をさせていただいている事をいついかなるときも忘れてはならない
※いつもキモに銘じてます。


 G-Oでの受付は完全予約制となっております。
 あらかじめTELかメール(3日前)で予約をお取りになられてからお越しください。
 ご家族・知人からのご紹介でお越しいただく場合は予約時にご紹介者のお名前をお伝え下さい。
*お薬を「塗布」している場合は、電話にでません、離れられないからご了承願います。
■@LINEの@gohairで「友だち追加」お願いします。予約や質問もここから可能です。1:1トークです。(グループLINEではありません)
*申し訳ありませんが新規のお客さまを割引をするような店ではありません。

・予約前の確認事項
 ●初回のカウンセリング等でG-Oの縮毛矯正適応外と判断した場合は施術をお断りさせていただく 場合があります。(過度のダメージ)
 ●症状によっては、傷みが修復過程(お焦げなど)の場合もあり、修復矯正に数回時間をいただか ないといけない場合もあります。
 ●G-Oは初回割引などは一切行っていません。
 ●薬液などの指定をされた場合はお断りすることもあります。

・予約の変更・キャンセルについて
●G-Oでは、1日に施術できる人数が限られています。
●予約の変更・キャンセルは前日までにご連絡お願い致します。
●お子供の急な発熱、事故など緊急時などはご連絡ください。
●渋滞でおくれそうなときもご連絡ください。(心配でなりません)
●お忘れになられた場合も「忘れてました」とお電話1本ください。

























=定休日になります

ヘアーショップG-O

【平日】
10:00~19:00 水曜ナイター20時まで
【土日祝】
9:00〜18:00
【定休日】
毎週月曜 第一、三月火連休

大分県大分市東津留1-2-32
TEL:097-556-2964
電話予約は年中無休24時間
時間外は店長の携帯へ転送


1990  g-oオープン
1991 講習活動開始
 l  縮毛矯正に没頭
2000  レザークラフト開始
2006  縮毛矯正・デジタルパーマ
2007  カーリング剤の開発に参加
2009  デジパーの処理剤開発参加
2016  全国講習展開中(現在に至)